NEWS 新着情報

アライメント調整は重要!必要性について解説

新着情報

2021年5月28日

アライメント調整は車体に対するホイールの取り付けを調整することです。
歪んでしまった車の骨格を調整し、それぞれの車(車種など)に合わせて直すことだと考えれば分かりやすいことでしょう。
アライメント調整は車を使ううえで重要です。
アライメント調整がなぜ重要なのか、必要性について解説します。

アライメント調整の必要性とは?

アライメント調整の必要性は3つあります。
必要性①アライメント調整で走行の安全を守る
アライメント調整の第一の必要性は「走行の安全を守ること」です。
想像してみてください。
人間の骨格に歪みが生じていると、真っ直ぐ走れるでしょうか。
動きにくく、真っ直ぐ走りにくいはずです。
アライメント調整により車の骨格を調整できますから、車をより安全に走らせることにつながります。

必要性②アライメント調整でタイヤなどの部品の摩耗を軽減する

アライメント調整で車が安定して走行できるようになりますので「タイヤなどの部品の摩耗を防止できる」という必要性があります。
たとえばアライメント調整が不十分な場合、車が真っ直ぐ走りにくくなりますから、片方のタイヤにだけ負担がかかりやすくなるのです。
結果、片方のタイヤだけ摩耗が激しくなるというデメリットがあります。
アライメント調整をすることで車が真っ直ぐ走りやすくなりますから、片方のタイヤだけが摩耗することを防げます。

必要性③アライメント調整で車の部品への負担を軽減する
アライメント調整により軽減できるのはタイヤの摩耗だけではありません。
車の他部位や他部品の摩耗や負担軽減も期待できます。
骨格が歪んでいると体に負担がかかるのと同じです。
車も同じで、アライメントが歪んでいると負担がかかってしまいます。
アライメント調整で車の各部位にある部品にかかる負担を軽減可能です。

アライメント調整をしないリスク

アライメント調整を放置すると、車の安全に関わるリスクがあります。
車の走行に関わるリスクは3つです。


・アライメント調整をしないとタイヤなどが変則的にすり減って走行に障害が出る
・アライメント調整を放置すると車の部品や車体に負担をかけて車や部品の寿命が短くなる
・アライメント調整を放置してしまうと車が走行中に片方に寄ってしまうなど走行に難が出る


以上のようなリスクを防ぐことも、アライメント調整の必要性です。
車のタイヤや部品に負担がかかったり、摩耗が早くなったりすると、費用負担が増します。
思わぬ事故につながってしまうリスクもあるのです。
事故を防ぐため、車を安全に使うためにも、アライメント調整は重要になります。
車の走行や部品に違和感がある場合や、車に衝撃が加わった場合(ぶつかったりした場合)などは、車の安全を考えて、専門業者で一度状態をチェックしてみてはいかがでしょう。

最後に

アライメント調整は車の安全や負担軽減といった必要性があります。 人間が日常生活や僅かな衝撃で体に影響が出てしまうように、車も僅かな衝撃などで影響が出ることがあるのです。 走行中に気になることや違和感があれば、アライメント調整を検討してみてはいかがでしょう アライメント調整はピースガレージにお任せください。