NEWS 新着情報

アライメント調整のメリットとは?放置によるリスクなども解説

新着情報

2021年4月22日

アライメントとは「車のホイールの並び方」を意味します。
人間で言うところの骨格のようなものがアライメントです。


人間の骨格のずれはさまざまな不調を引き起こします。
車も同じで、アライメントの歪みが車の不調を引き起こす可能性があるのです。
アライメントを歪んだまま放置するリスクとアライメント調整のメリットについて解説します。

アライメント調整をせず歪みを放置するリスク

アライメント調整をせずに車を放置するということは、車の骨格の歪みを放置するに等しいことです。
車の骨格の歪みは車にとってマイナスの影響があります。
アライメントが歪んでいるのにアライメント調整をせず放置することには以下のようなリスクがあるのです。


・アライメント調整をしないと車が真っ直ぐ走らない
・アライメント調整をしないと停車や右左折にも影響が出る
・アライメント調整をしないとタイヤのトラブルにつながる


アライメントは車の骨格ですから、歪んでいると車が真っ直ぐ走ってくれません。
運転者がしっかり運転しているつもりでも中央線に寄り過ぎてしまうなど、思い通りの走行ができない可能性があるのです。
運転や走行に影響が出るということは、
当然ですが右左折や停車などにも影響が出てしまい、運転中の事故やトラブルにつながる可能性もあります。


また、アライメント調整を放置すると車の一部に負担をかけてしまうことがあるのです。
たとえばよくあるのは片側のタイヤだけ減りが早くなってしまうケースです。
人間も体が歪んでいると他の部分の痛みやコリにつながると言われています。
車も同じです。

アライメント調整をするメリット

アライメントが歪んでいる状態はアライメント調整で対処可能です。
アライメント調整をきちんと行った場合、以下のようなメリットがあります。


・車の無理な状態を改善しタイヤなど部品の極端な摩耗を防げるメリット
・運転中の走行や停車、右左折などの問題点を改善できるメリット
・アライメントの歪みが引き金になる事故やトラブルを未然に防げるメリット


アライメント調整をすることで「きちんと運転しているのに車が真っ直ぐ走らない」「中央線に寄ってしまう」などのお悩みを改善できるメリットがあります。
また、停車や右左折のときに違和感がある場合や思い通りに車が動いてくれない場合もアライメント調整により改善するメリットがあるのです。
走行中のトラブルを未然に防ぐことにもつながるというメリットもあります。


タイヤの片方だけ摩耗が激しいなどの状況では、アライメント調整により一部の部品や車体への負荷をもとの状態に戻せます。
アライメント調整には車や部品への負担を軽減できるというメリットもあるのです。

最後に

アライメントは車の骨格です。
人間の骨格に歪みが出ると歩行への影響が出たり体の不調につながったりするように、アライメントの歪みを放置すると車の走行や部品への影響につながります。
アライメント調整をすることで、車の不調や歪みによる影響を改善できるというメリットがあります。


アライメントは縁石にぶつかるなど軽い衝撃でも歪みが生じることがあるため注意が必要です。
定期的にアライメント調整を行い、車を安全かつ快適に使えるようにしておくことが大切になります。


アライメント調整はピースガレージにお任せください。